BABYMETALの3rdアルバム発売からわかること

日本を代表する女性メタルバンドグループにBABYMETALがいますが、これは女性3人組のグループでヘビーメタルを中心に活動している珍しい人たちです。

 

2010年に結成されて現在ではおよそ10年を迎えようとしているBABYMETALですが、これだけ長い期間活動することができたのは何らかの特徴があるからでしょう。

 

そこでどのような特徴があるかといえば、まず音楽の方向性で3人の20台前後の若い女性が音楽で活動するといえばアイドルなどを真っ先に思い浮かべる人は多いはずですが、仮にヘビーメタルといっても表面上はそのように云っているだけで実際はヘビーメタルを真似しただけのグループと考える人も少なくないでしょう。ですが実際には本格派ヘビーメタルグループで、今までのヘビーメタルグループが一目置くような存在になりつつあります。

 

なぜそのようなことを言えるかといえば、それは本物の音楽だからです。真似事ではなく本格的にライブ会場にドラムの音が鳴り響き激しくギターの音が宙を舞い、まるで異次元の空間にいるかのような雰囲気を味わうことができます。

 

音楽はただ激しいだけではなくその中にしっかりとしたメッセージ性が込められている点も見逃してはいけません。ただ従来の音楽との違いは、歌詞が少し特徴的なことです。格好いいと言うよりもどこか女性らしいメッセージが曲の中に見え隠れしており、多くの人の心の琴線に触れる部分が確実に存在することがわかります。

 

もう一つの特徴は、今までのヘビーメタルになかったダンスを取り込んでいる点です。ダンスといえば、女性の間でダイエットとしても流行っていますが、比較的それが日本人に受け入れられやすかったことも評価につながっているといえます。

 

ダンスといってもアイドルグループのようなものではなく、かなり激しいものを取り入れており非常に個性的なグループになります。

 

よく調べてみると、個性的なダンスで知られているパヒュームと同じ事務所なことがわかりました。事務所の方向性も少し個性的な女性アイドルグループを育てている可能性が高いです。

 

実はこのグループは、もともとさくら学院と呼ばれているアイドルグループの中から発生しているため、本来であればアイドル路線にかじ取りをする筈でしたが、ひょんなことからヘビーメタルを行うことになったわけです。

 

ちなみに、さくら学院は、部活動と称してアイドル活動を行うことをしていますが、そのアイドル活動がヘビーメタルに変わり特質した個性を放っています。

 

三つ目の特徴は、活動している場所が日本だけではないことです。確かに、アイドルグループの中には日本中でかなりヒットし上海などでグループを作って知名度を上げているところもないわけではありません。

 

ですが、それほど有名ではないアイドルグループが今までの路線とは違う方向性に進んでいき世界的に活躍をしているグループになったことは非常にまれなことでしょう。

 

2010年に結成したBABYMETALは、国内で活動し知名度を上げた後2013年に海外に進出し本格的な活動をしています。このような活動ができるのは、海外のヘビーメタルファンですら彼女たちの音楽性を認めていると言わざるをえません。

 

実際に、2013年十二月に開かれたシンガポールのワールドカップでは世界各国で活躍しているヘビーメタルバンドをしのぎ優勝するまでに至っています。

 

実は海外でデビューしてすぐに名前が売れたわけではありませんでしたが、このワールドカップで優勝してからは世界各国で注目を浴びるようになりました。日本でよく使われている狐の仮面をかぶって登場するシーンは海外のファンを大いに沸かし、確実に観客たちの脳裏に焼きつくような演出をすることができました。このように、様々な音楽を作り出し伝説をつくり出してきたバンドですが、楽曲数はアルバム2枚分しかありません。

 

3rdアルバムが発売されると噂されていますが、2018年5月現在ではまだ発売される様子はありません。特に2016年にセカンドアルバムを発売した以降は音楽活動を縮小してきている傾向があり、新曲を提供することもなくなりました。

 

しかし、ついにIN THE NAME OF、 Distortion、Tattoo、Elevator Girlといった新曲が発表されました!

 

そしてアメリカツアー成功、ヨーロッパツアーも大成功!世界征服着実に進んでいますね。

 

本来であれば2018年中にアルバムを出すと公言していましたが、現在のところ正式発表はありませんが間もなく発売されるのではとメイトたちは待ち望んでいる感じです。ただ、予定は未定ですので、もしかしたら2020年ごろ発売する可能性もあり、行く先のことはだれにもわかりません。

 

いずれにしても、ネット上で騒がれているのは、彼女たちが注目されていることと何かをしてくれるのではないかといった期待感があるからです。

 

日本だけでなく海外で活躍しながら賛否両論はあるものの日本の女性アイドルグループとしての知名度は間違いなくトップレベルといえます。このように異色のアイドルグループは世界にも類を見ないほどでこれからの活躍がますます期待されます。

 

コメントを残す