東京五輪開会式の演出をBABYMETAL運営陣が担当した方が遥かに良い演出が出来たはず!


op01.jpg

 楽しみにしていた東京オリンピックの開会式が先ほど終わった。
 何とも後味の悪い演出で、リオ五輪ラストの演出が素晴らしかっただけに期待していたが、残念と思うレベルではなく、ふつふつと怒りさえも込み上げてきた。

 MIKIKO先生が降ろされた時点で嫌な予感はしていたが、まさかあそこまでひどいことになるとは思わなかった。

 まず、あのスタッフの衣装センスは何?
 そして各国のプラカードがなぜ漫画の吹き出し風?

 なぜ大工のタップダンス?
 歌舞伎とジャズピアノの組み合わせは事前に何度もチェックしたはずだが、なぜOKを出した?
 なぜ吉本芸人を出す必要があった? 
 そして、あの寸劇で開会式にどんなイメージを付加するつもりだったの?
 好イメージなんてものは皆無で、ダメージだけが残ったと思うが。

 最後に勇気を出して書かせてもらうが、最後の聖火ランナーがなぜ大阪ナオミなの?
 五輪プロデューサーは直前になって降ろされたようだが、実は批判を恐れて自ら逃げたんじゃないの?
 明らかにBABYMETAL運営陣が担当した方が、遥かに低予算で遥かに素晴らしい演出が出来ていたと言える内容だった。
 
 さて皆さんはどのような感想を持ちましたか?


コメントは受け付けていません。