さくら学院 森 萌々穂ちゃんトーク委員長に指名され反論

no title
中3全員の役職が発表されたあと、森は校長のほうを振り返り「校長先生、どうして萌々穂はトーク委員長なんですか?」と尋ね、「萌々穂、プロデュース委員長がやりたかった……だって萌々穂はトークだけじゃないもん。トーク以外もできるもん……」と涙ぐむ。
校長が「引っ張っていくのは君だからさ! プロデュースは欠番! トークの中に含まれています!」と慌ててフォローするも、森は「プロデュース委員長って思っていいんですか?」と譲らない。
森先生や校長の言葉、客席からの拍手でなんとか気を持ち直した森は改めて挨拶。そして「去年美術部を立ち上げて、いろんなことをプロデュースして、そういうのが向いていると思ったんです。自分のやりたいことをちゃんと見つけて自分らしく最後の1年を歩んでいきたいと思います!」と前向きに語った。
続きを読む

コメントは受け付けていません。